触ってみるのが大事

仕事をしている風景

現在日本では、まだまだシステムエンジニアが不足しているといわれています。IT企業もたくさん増えてきて、インターネットの利用も今や当たり前となってきましたよね。しかし、WEBサイトを作るのにはプログラミング言語という専門知識が必要になるので、実際にシステムエンジニアにはなりたいと思ってもなれない人がたくさんいらっしゃいます。では実際に経験0の状態から、どうやってプログラミング言語を勉強していけばいいのか?という話をしていきましょう。プログラミング言語の勉強の仕方として、これから中途採用という形で転職したいなら、主に独学となってくる方も多いでしょう。そうなると、何から始めれば良いのかまったくわからないですよね。基本的には書籍を購入して読んでみたりする方がたくさんいると思いますが、ただ本を読んでいるだけでは正直かなりきついです。難しい英単語など色々出てきますので、結局理解できずに諦めてしまいかねません。一番良い独学の方法としては、やはり実際に自分の手を動かしてみることでしょう。自分で手を動かすことで自然と体に染みついてくるようになります。また、システムエンジニアとして転職する際には今までにどんな知識を勉強したのか、どんな言語なら理解できているのかをアピールしなければいけませんので、その際のポートフォリオ作成ができるようになっておきましょう。過去に実務経験がなかったとしても、ポートフォリオひとつで採用が決まることも全然あります。そこにポテンシャルを感じれば、必ずシステムエンジニアになれるでしょう。